ワキガ手術にはどんなメリットとデメリットがあるのか

安くて安心なクリニック

ワキガ手術は確実ではない!そのメリットとデメリット

 

怖い

 

ワキの下から出る臭いはワキガの可能性があり、普通の汗臭さとは違って鼻をつくような強烈な臭いを発生させますので、誰かに指摘されて気づく人もいます。

 

着ていた服の臭いでワキガと分かる場合もありますし、友達や家族が親切心で教えてくれることもあるでしょう。

 

とにかく、ワキガは自分で気づきにくいので、少しでも臭ったらセルフチェックするようにしたほうが良いでしょう。

 

そんな面倒で気づきにくいワキガですが、放っておいても臭いがなくなるわけではありませんので、何らかの方法で改善していかなければいけません。

 

改善していかないと、周りにいる人に迷惑をかけっぱなしになってしまいます。

 

では、ワキガはどのような方法で改善すれば良いのでしょうか?

 

それは、様々な方法がありますが、ワキガ手術を受けるという方法もあります。

 

ワキガ手術を受ける人は一昔前に比べて増えているとされており、手術方法が進化してワキガを改善しやすくなっているからです。

 

しかし、ワキガ手術を受けたからといて必ず改善できるわけではありません。

 

再発することもあれば、手術前とあまり変わらなかったということもあります。

 

また、ワキガ手術には様々なメリットやデメリットがありますので参考にしてみてください。

 

 

メリット

 

ワキガ手術は臭いの原因となるアポクリン腺を除去しますので、ワキガが確実に改善できると思われがちです。

 

必ずしもワキガ手術はワキガが治るわけではありませんが、何とかしてワキガを改善したいと思っている人は頼りたくなってしまうものです。

 

これからワキガ手術を受けようと考えている人や、ワキガで悩まされている人は、どのようなメリットがあるのか気になるのではないでしょうか。

 

では、ワキガ手術を受けた場合のメリットは何でしょうか?

 

それは、強烈な臭いが弱くなることは勿論のこと、汗の量が減ることや脇毛が薄くなったり生えてこなくなったりすることです。

 

ワキガ手術を受けるとアポクリン腺やエクリン腺という汗腺を除去しますので、汗を通常の3分の1くらいまで減らすことができます。

 

脇毛が薄くなったり生えてこなくなったりするのは、ワキガ手術で毛根を取り除くこともあるからです。

 

脇毛が生えてこなくなるのは女性にとって嬉しいことですが、生えてくる場合もありますので気を付けておかなければいけません。

 

この他には、もしもワキガ手術で臭いがしなくなれば、周りにいる人のことを気にしなくて良いのでストレスが無くなりますし、学校や職場での対応が良い方向に変わることもあります。

 

 

デメリット

 

ワキガ手術で厄介なワキガを改善しようとしている人は様々なデメリットがあるのをご存知でしょうか?

 

まず、ワキガ手術を受ける時に大きな負担となるのが体と費用のことです。

 

手術を受けるので体への負担へはありますし、もしかしたら不安や恐怖で精神的にも負担があるかもしれません。

 

費用の負担はかなり重くのしかかり、保険が適用されるワキガ手術でも約5万円はかかってしまいますし、保険が適用されない自由診療のワキガ手術になると約30万円はかかってしまいます。

 

この他のデメリットには、メスで切るワキガ手術を受けた時に傷跡が残る可能性があることです。

 

特に保険が適用される安いワキガ手術は、切る範囲が広くて傷跡が残る可能性が高くなりますし、技術力が低かったり経験がない医師の手術はトラブルが起きやすくなります。

 

また、ワキガ手術を受けても再発する可能性があるというデメリットも忘れてはいけません。

 

ワキガの度合いや手術方法、医師の技術力などにもよりますが、再発する可能性はかなりあるということを覚えておいてください。

 

こうしたことからも分かるように、ワキガ手術には様々なデメリットがあり、場合によってはお金の無駄遣いになる可能性もありますので気を付けてください。

 

 

失敗した場合は・・・

 

ワキガが気になって仕事に集中できない人や人に会うのが嫌になっているの中には、ワキガ手術を受けて改善しようと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

ワキガ手術は確かに改善できる可能性がありますので良いのですが、失敗する可能性があることも忘れてはいけません。

 

では、ワキガ手術が失敗した場合はどうなってしまうのでしょうか?

 

ワキガ手術に失敗した場合は、手術前と同じ強烈な臭いを発生させますし、傷跡が残ってしまうこともあります。

 

ワキガ手術を受けたのに臭いが無くならないのは精神的なダメージにもなりますし、傷跡が残ればショックで何もしたくなくなってしまうでしょう。

 

また、ワキの下に傷跡があると薄着や水着になったときに恥ずかしいですし、その傷跡を隠すために暑い時期でも暑苦しい服装で過ごさなければいけません。

 

それに、ワキガ手術で汗腺を取り除くときに神経が傷ついてしまうと、他の部位から代わりに汗が出てくる代償性発汗ということになってしまうこともあります。

 

このようなことからも分かるように、ワキガ手術が失敗した場合は傷跡や再発などの様々なトラブルが起きてしまいますので、これからワキガ手術を受けようとしている人は慎重に検討する必要があります。

 

 脇の消臭ランキング1位!ノアンデ