多汗症とは?

安くて安心なクリニック

多汗症とは?

 

多汗症とは、人よりも汗を多くかいてしまう症状のことを言います。

 

特に精神的なストレスから汗をかくことが多く、不安なことや緊張することがあると、掌などに汗を大量にかいてしまいます。

 

多汗症は、酷くなると日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。ノートや書類が汗でふやけてしまったり、手汗が酷くてパソコンが壊れてしまったという人もいるようです。

 

また、デートの時に恋人と手を繋ぐこともためらってしまいますよね。

 

多汗症 手をつなぐ

 

多汗症は、薬などである程度抑えることは出来るものの、完璧に治すには手術が必要であると言われています。特に掌に汗を大量にかいてしまう人が多いため、両手の汗をかく神経を切断するという手術です。

 

切断した神経は元に戻すことが出来ませんので、まずは片手の手術を行い、術後の経過を見ながらもう片手の手術を行うようです。

 

手術を行うと、ほぼ確実に掌の汗を止めることが出来ます。その代わりに、他の部位から大量に汗をかいてしまうという人もいるようです。こればかりは、手術を受けてみないと分からないことなので仕方ありませんね。

 

また、多汗症の人は精神的なストレスから汗をかいてしまうことが多いので、メンタル治療を行っている病院もあります。どのように多汗症を治していくのか、自分に合った治療方法を見つけられると良いですね。

 

多汗症

 

多汗症は汗の量が多いというだけではない

 

汗かきな人が、全員多汗症であるとは限りません。他の理由が原因で大量に汗をかいてしまっている場合もあります。

 

例えば、皮下脂肪の多い人は汗をかきやすいです。太っている人に限らず、一見痩せて見えても皮下脂肪がついている人はいます。

 

皮下脂肪がついている人は、体内に熱がこもりやすくなってしまいます。こもった熱で体温が上がることで、汗を沢山かくようになってしまうのです。

 

また、新陳代謝が良い人も汗を沢山かくと言われています。新陳代謝が良い人は、体の細胞が生まれ変わる働きが活発です。

 

細胞の生まれ変わりには多くのエネルギーが必要となりますので、エネルギーを消費して体温が上がります。そのため、運動をした後などには人よりも汗をかいていることが多いかもしれません。

 

また、更年期障害が原因の場合もあります。多汗症も病気のひとつですが、更年期障害も病院で治療を受けることの出来る病気です。

 

代謝が良いわけでもなく、肥満でもないという人は、病気を疑って病院に行ってみると良いかもしれません。自分がどのようなタイミングで汗をかいているのかなどを把握して、病気の場合は早めに対処出来ると良いですね。

 

個人的にですが、多汗症の新しい改善法がおすすめです。こちらはサプリメントで汗の量を抑えるというもの、とても科学的なアプローチがされているので、効果は絶大!おすすめですよ!

 

詳細はこちらから=多汗症は遺伝なのか?!体質改善で汗かきを確実に治すには

 

手術ならこちら=多汗症手術

 

 

 脇の消臭ランキング1位!ノアンデ

関連ページ

脇汗が多い原因
誰もが脇汗が出てしまいニオイが気になったことがあるはずです。 汗が出るのは正常なことではあるのですが、どのような原因で脇汗が出るのでしょうか?
脇汗を抑える方法
脇汗に悩む人は少しでも汗の量を減らせたらと日々思っているのではないでしょうか? 暑い季節だけではなく厚着をする冬や人前に出る機会がある日など、一年中脇汗は厄介なものです。
汗の量と臭いの関係
人間は色々な場面で汗をかきますが、汗をかいた時は誰でも臭いが気になるものです。 暑いときや辛い物を食べたとき、運動や緊張したときなど汗をかくとそれが原因で臭いが発生することは事実ですが、その量とニオイの強さは比例しないと言われています。
多汗症手術
漢方
脇汗は誰でもかくもので、それを完全に止めることは難しいと言われています。 そもそも脇汗をかく原因はいくつかあり、必要な汗もあるので止めてしまっては体調に異変が現れる可能性があり危険です!
脱毛後に増える脇汗・臭い対策
レザー脱毛をしている女性は多いと思いますが、脱毛後に脇汗やニオイが急に増えたと感じている人はいませんか?実はレーザー脱毛後に脇汗が増える人は意外と多く、それがニオイの元になっているようです。
ポリフェノールの効果