汗が臭くなるのは肝臓が原因の場合もある

安くて安心なクリニック

汗が臭くなるのは肝臓が原因の場合もある

 

肝臓 体臭

 

「肝臓が悪いと体臭が出る」このような情報を聞いたことはないでしょうか。

 

これは本当で、肝臓が病的に悪くなくても、その機能が低下することによって体臭が出てしまうことがあるのです。

 

それは肝臓に解毒作用があるからです。

 

体内で発生した有害な物質を肝臓が解毒して無害化しているからです。

 

そのため肝機能が低下することで有害な物質を上手く無害化することができなくなるのです。

 

悪臭成分がそのまま体臭として出てしまうということですね。

 

密かに「加齢臭かも…」と気にしていた人もいることでしょう。

 

肝臓が担う大事な役割のひとつが「老廃物をろ過する」働きです。

 

それが正常に機能しなくなれば、臭いが気になるのも自然なことなのです。

 

「肝臓に負担をかけている」といった心当たりがある人もいることでしょう。

 

臭いを改善したいのであれば、肝臓の処理能力を上げることが肝心です。

 

さらに、肝臓に負担をかけない食生活を意識する必要があるのです。

 

肝臓に負担をかけない食生活の基本は、低脂肪高たんぱくです。

 

基本的には肉よりは魚を、揚げ物よりも焼き物を選ぶようにしましょう。

 

このように動物性脂肪の摂り過ぎには注意が必要です。

 

肝臓が弱ってくると、脂質代謝が悪くなるので、脂っこいものが無性に食べたくなります。

 

このような魔のサイクルが起きやすくなる傾向が見られるのです。

 

疲れが蓄積している感覚があれば、おもいきって1週間ほどのリセット期をつくることも大切です。

 

そして、できるだけ油ものを遠ざけて魔のサイクルを断ち切りましょう。

 

その際、揚げ物ではないと思っても、外食で食べるチャーハン、ラーメン、ギョウザなどはラード(豚の脂)を多用しているので、体を臭わせる原因となるので気をつけるようにしましょう。

 

 

肝臓が悪い人の体臭ってどんなの?

 

肝臓が悪い人の体臭は次のような臭いに例えられるようです。

 

  • ドブやカビ臭い臭い
  • 排水溝や雑巾臭い臭い
  • アンモニア臭い臭い
  • 食べ物の臭いがそのまま出てしまう臭い

 

肝機能の低下が初期の頃にはドブやカビ臭い体臭や排水溝や雑巾の臭いが出やすくなります

 

さらに肝機能の低下が深刻になるとアンモニア臭い体臭に変わるのです。

 

肝機能の低下が進む程にニオイも強くなります。

 

 

肝臓が悪い人の特徴

 

肝機能を低下させるのは次のような行動があるようです。

 

  • 睡眠不足やストレス
  • 栄養の偏った食生活
  • 喫煙や飲酒
  • 便秘

 

 

睡眠不足やストレスを考えてみると

 

睡眠の働きは日中の活動で受けた細胞のダメージを修復することです。

 

睡眠不足になると十分にダメージの修復ができなくなります。

 

これが肝機能を低下させる原因となります。

 

過度なストレスは、血管を収縮させ血圧が上昇させます。

 

これが肝機能に負担をかける原因ともなるのです。

 

 

栄養の偏った食生活

 

脂肪分の多い食事や過度な糖質制限、早食いや過食などが、肝機能に負担をかけて肝機能を低下させる原因です。

 

とくにダイエットで糖質制限を行っている人は注意が必要です。

 

過度に糖質を制限することで、体は活動エネルギーを肝臓のグリコーゲンをブドウ糖エネルギーとして使い始めます

 

これが弱ってくると肝臓にとってはとても負担となるのです。

 

ダイエット中でもご飯やパンなどの糖質制限は程々にするようにしましょう。

 

肝臓はタンパク質でできています。

 

弱るとタンパク質の消費が増えていきます。

 

良質なタンパク質を積極的に摂ることがおすすめです。

 

大豆食品や脂身の少ないお肉などを活用して補給していくようにしましょう。

 

 

喫煙や飲酒

 

タバコのニコチンやお酒のアルコールは体にとっては有害な物質となります。

 

これらを、解毒するために肝臓に大きな負担をかけることになるのです。

 

肝臓 アルコール

 

便秘

 

便秘も腸内に長期間存在することで有害物質を発生させてしまいます。

 

体にとって有害な物質が発生すれことで、それを解毒するのは肝臓ということになります

 

よって、便秘も肝機能を低下させる要因となるのです。

 

 

肝機能の低下を抑えるための対策は?

 

肝機能を改善するにはどうしたらいいでしょうか。

 

栄養バランスの良い食事や十分な睡眠、禁煙、禁酒などをおこないます。

 

さらに、肝臓に負担をかけない生活を心がけていくようにしましょう。

 

とくに睡眠不足は肝臓を疲労させ負担をかけることになります。

 

最低6時間以上は睡眠時間を確保するのがおすすめなのです。

 

また、睡眠中に体を修復する成長ホルモンは、午後22時〜翌朝午前2時の間に最も多く分泌されます。

 

この時間帯にはできるだけ睡眠を取るようにしましょう。

 

 

肝臓の負担軽減にはサプリメントがおすすめ

 

肝臓の負担を軽減するにはサプリメントがおすすめです。

 

肝臓に良い成分として有名な物としては、タウリンやオルニチン、セサミンがあげられます。

 

 

タウリン

 

肝細胞の再生を助けたり、アルコール分解酵素を産生を促す働きがあることが知られています。

 

 

オルニチン

 

有害な物質を分解・解毒するオルニチンサイクルを活発にして、衰えた肝機能をサポートします。

 

 

セサミン

 

肝臓で多く発生し、老化の原因ともなる活性酸素を除去します。

 

セサミンのメリットは、肝臓に到達してからその効果を発揮してくれるところです。

 

確実に肝臓の活性酸素を除去して、肝臓の負担を軽減してくれるのです。

 

 脇の消臭ランキング1位!ノアンデ

関連ページ

原因
脇の臭い=ワキガ臭と思っている人が多いようですが、実は汗の臭いとワキガの臭いは違うので、脇汗を大量にかいたからと言ってワキガ臭がするというわけではないのです。
脇の臭い対策、シャワーは朝?夜?
暑い季節になると脇の臭いは誰でも気になると思いますが、それを防ぐためには清潔にすることがとても大切です。脇は特に汗によって雑菌が繁殖しやすくなり、乾くと悪臭となってしまうので多くの人が何らかの対策をしているのではないでしょうか?
体臭の原因になってしまう食べ物
脇の臭いはかなりきついことが多いのですが、体臭と呼ばれるのは脇だけではないのです。 臭いを発する部分はたくさんあり、頭や足、耳の後ろやなど汚れやすい部分はやはり臭いも気になります。
スーツについた脇の臭いを消す方法
サラリーマンは暑い季節でもスーツを着なくてはならない場面が多く、満員電車や熱中症になりそうなほど暑い外で長袖のスーツを着ている男性を見ると気の毒になってしまいます。
わきが手術とは?健康保険は適用される?
子供のわきが
ワキガ臭と豆乳
黄ばみの落とし方
脇汗パッドで脇臭対策
片方の脇だけがワキガはあり得る?